2017年09月15日

設備のいい、新しいパチンコ店へいってしまうという現実

こんにちは、パグ店長です。

本日は「設備のいい、新しいパチンコ店へいってしまうという現実」というお話。

なんていうか、雰囲気?みたいな。

そんなのありませんか?



色んなお店を見てきて感じるのですが、グランドオープンや大型のリニューアルなどをして、周囲のお店よりも頭一つ出た設備だとお客さんが集まるんですよね。

どの要素が?

と言われても、全体でそういう雰囲気を作ってるんです。

・通路の広さ
・天井の高さ
・台と台の間隔の広さ
・快適なイス
・分煙ボード
・ナンバーランプの情報の多さ
・景品の品ぞろえ
・空気清浄機
・カーペットのふかふか
・充実した休憩スペース
・きれいなトイレ
・装飾

などなど

言い出したらキリがないくらい全体のハード面が周りと比べてレベルが高いと、お客さんは集まりやすいです。

ということは出玉よりも快適さを求めているということなんですよね。

もちろん出すコーナーなどもあるとは思いますが。

ーーーーーー

今回はなぜこの話を取り上げたかというと、

動きがあればチャンス到来の可能性がある

ということを書きたかったからです。

そのようにハードが強いお店ができた地域があれば、その周囲のお店になにか動きがでる可能性があります。

要は「対抗策をしてくる」ということですね。

これは同時に何かを仕掛けるときもあれば、1ヶ月くらいしてから仕掛ける場合もあります。

こういう時は特別予算で動くこともあるでしょうからユーザーにとってはチャンスです。

予算がもらえない店、とりあえず様子みておこうかみたいな店は何のアピールもしてこないでしょうけど。

そういう場合でも聞いてみるといいですね。

「向こうにお客さん流れてますよ、何か対抗しますか?」
「海のお客さんが流れてるみたいだから、開けたほうがいいかもしれませんよ」

とか、ふってみてもいいでしょう。





これに近い話で、導入機種に圧倒的な差がある場合などにも使えます。

強くて大きいお店の場合は、ガロ40台!とかすぐに導入しますが、近隣で入っていない店や2週間遅れで入るお店とかもあると思います。

もしくは新台では買わずに、2か月くらいしてから中古で入れると徹底してる店とか。

そういう場合は、一気に大型導入の店にお客さんが流れてしまう可能性があるので、何かしらの対抗策を打つお店もあるかもしれません。

ーーーーー

で、当の大型導入店や、ハード面の充実しているお店はどうかというと、全然出していないことが多いです。

前にも書いたことがありますが、お客さんが集まる=回収という考え方は多いです。

勝手に出玉が出てるように見えやすいですし。

ハード面が充実しているお店にお客さんが集まるのは、イベントなどの宣伝がダメとなってから顕著です。

ガセのイベントも多数あったのでこれは仕方ないですが、本当に開けるよ。というときでも大っぴらに告知できないのでお客さんに伝わりませんから。

どこも特になにもやってないならハード面のいいところに行こう。となるのは自然の流れ。

そういう流れに抗おうとするホールがあればチャンスですよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事を書くモチベーションが上がりますので、
今日の話が少しでも役に立ったと思われた方は下のバナーをポチっとしてやって下さい。

にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村


パチンコ・パチスロランキング



posted by パグ店長 at 07:00| Comment(0) | ちょっとした話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。