2017年09月01日

パチンコ店の店長ってこわいのか?

こんにちは、パグ店長です。

「パチンコ店の店長ってこわくない?話すにはハードル高いんだけど」というような話がありましたので、今日はそのお話を書きます。

とその前に、以前からリクエストのあった特典について「特典について」のカテゴリーを1時間前に更新していますのでご希望のかたはご覧ください。

ではいきます。

ーーーーーー

店長ってホントに色んな方がいまして、私がパチンコ業界に入った時はヤ●ザみたいな店長がゴロゴロいましたし、今でもいるお店もあるでしょうね。

ただ、最近はどんどん世代交代してきて若い店長が多いですし、大きな会社ほどコンプライアンスもしっかりしているので、以前のようなブラック的なものもかなり減っていると感じています。

で、店長と話すのがハードル高いな。と思われるのは初めは仕方のないことだと思います。

ですがまずは初めの1歩ですね。

私としては、大きいお店から開拓してみるといいと思っています。

1000台以上とかのお店ですね。

なぜかというと、1000台クラスの店を作れる会社というと体制がしっかりしている可能性が高いので、変な人間をそのような大きな店に置く可能性は低いと考えるからです。

また、それくらいの店を任されるということは社内でそれなりに信用があるということです。

なので明らかに社会的におかしなことをするという人物である可能性も少ないでしょう。

とはいえ、いきなり1000台クラスの店に行って「店長いる?」みたいな感じで出てくるとは思えません。

出てくる人もいるでしょうけど・・・

まずは役職などからコミュニケーションを図っていくのがいいですね。

たまに店長ぽい人が歩いていたら(役職やスタッフに何か指示を出しているとか)、直接声をかけてみるのもいいでしょう。

「こんにちは、ここの店長さんですか?」という感じでOKです。

ーーーーー

話してみるとわかるのですが、「こわい」というような人はあんまりいませんよ。

こういうのが初めに1歩踏み出すことでわかってくると次々と行けるかと思います。

近所に大きいお店がないんだけど。という方はなるべく新しいお店からチャレンジしてみましょう。

規模が大きくなくても、新しいお店やお金をかけてリニューアルしたようなお店であれば、その会社から信用さているような店長の可能性が高いかもしれません。

チャレンジいていくとわかるのですが「え?こんな若い人がこんな大きなお店の店長なの?」というような人もいますよ。

若さがあると店の改善意欲が高かったり、取り組みに勢いがあるので話していて楽しくなります。

そこそこのおじさんでも勢いのある方は大勢いらっしゃいますけどね^^

ーーーーー

話は変わりますが、どうやったらお店にお客さんがくるようになるのか?ということをお客さんにきくと、必ずと言っていいほど「もっと玉出す」となるのですが、実際そうではないんです。

次回はそんな話を書きたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事を書くモチベーションが上がりますので、
今日の話が少しでも役に立ったと思われた方は下のバナーをクリックして応援のほうよろしくお願いします。

にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村


パチンコ・パチスロランキング


posted by パグ店長 at 07:00| Comment(0) | ちょっとした話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。