2017年07月22日

調整ミス狙いについて

今日は昨日の延長で「調整」について書いていきます。

昨日はゲージの甘い機種の調整ミスを狙うという話をしました。

そして調整は店長がしているとは限らないとも。


ーーーーーーーーーーーーー


まず、調整はだれがしているのかということですが、

これは店によって全く異なります。

会社の考え、店長の考え、店の規模によって変わるからです。

店長しか触らないところもあれば、一般スタッフが触るところもあります。

ただ、規模が大きなお店の場合は1人ですることは不可能なので複数人ですることになります。


ーーーーーーーーーーーーー


調整をだれがしているのかを知ることは、ユーザーとしては有利な立ち回りができる可能性を秘めています。


下手な人間がしていることがわかれば調整の甘い台を打てる可能性が高まるからです。


狙い目なのは「釘を裁量で任せられて間もない人」です。

一般スタッフなどの場合はへそのサイズを12.00から12.10にして。

というような決められた指示を実行するだけになります。

これは裁量がない状態です。


そうではなく、店長などから「スタートを0.2下げておいて」などと指示を受け、そこからどうやって落とすかは自分の判断でする人が狙い目です。

どうやって調整するかはその人の裁量で決めますし、実際にどうなるかはその人の腕次第です。

ここで調整ミスが生まれやすくなります。


※スタートというのはへそのサイズではなく、1分間や10分間のスタート回数のことになります。
1分スタート6.2であれば1分間に6.2回スタートが回って停止したことを表します。


ーーーーーーーーーーーー



調整を見る上で基本となるのは「へそ」です。


盤面中央にある、回転をスタートさせるためのチャッカーの上の2本の釘です。

この2本をよく見るようにしましょう。

ここは人によって癖の出やすい所ですし、見分けるポイントの1つとなります。


①まずは上から見てみましょう。

開けるときに左右両方を均等に開ける人、左釘だけを左に曲げて開ける人、右釘だけを右に曲げて開ける人がいます。

また、両方開けていても全体的に左寄り、右寄り、完全左右対称と分かれます。

②次に釘と同じ高さから見ましょう。

へその釘の左右の高さが違うことがよくあります。

最も多いのは右下がり。ここも人による癖があります。

ただし、誘導釘(風車からへそまでの釘)と比べてヘソ釘が両方とも下がっている場合は癖ではなく、わざと回りにくくしていると考えられます。(下げると回りにくくなります)


ーーーーーーーーーーーーー


釘を見ることで機種ごとに違いがあれば違う人がしているということの察しはつくようになります。

ここで合わせてしておきたいのはやはり攻略1の人間関係構築です。

店の店長や役職などと話せるようになっていると、

「この新台って空台が多いね。あんまり回らないからなのかな?」

「調整きついってほかの人が言ってましたよ。〇〇さん締め過ぎでしょう?」

などと振ると、

「いや、これは僕じゃないですから」とかポロリと聞けたりします。


または、


「こんなにパチンコの台数あったらメンテナンスするの大変ですね」

とか聞くと、


「うちは4人がかりなんで大丈夫ですよ」とか返ってきます。


あくまで、関係構築できていての話ですよ。


そうでなければうまくかわされて終わりますから。


こういった会話からも調整している人を読み取ることができます。


ーーーーーーーーーーー


慣れてくれば聞かなくても釘をみただけで判断はつくようになります。


それほど人による特徴が現れるんです。


さきほど、へそを12.00から12.10と書きましたが、まともにやっているお店であれば

このように調整は0.1mm刻みになります。

この0.1mm刻みがわかるようになるんです。

また釘の角度は1度単位で調整できます。

左右何度、上下何度とあります。

ここも人によって測る人、測らない人がいますし、力の加わり方や利き手によっても釘の状態が変わります。


ーーーーーーーーーーーー


ここで、一般ユーザーの方からすると、0.1mmとか角度1度でそんなに変わるの?

と思われるかもしれません。

1台だけでみたらそんなに違いはないのかもしれませんが、店全体で見るとこの差はとても大きいんです。

数万、数十万は変わります。

ーーーーーーーーーーーー


調整ミスが起こりうるのは「新台のみ」です。

一旦ある程度の調整が決まれば、その後は大きくぶれることはありません。


参考に、ひとつ狙い目の釘配置を出しておきます。

このような新台があれば狙ってみるといいかもしれません。

絵が下手なのはご勘弁を・・・

zzxcc.JPG

①風車の上の釘の位置が風車より内寄り(外に逃げにくい構造)

②風車上の釘の位置は左の釘が下にある(緑〇のような状態)

③風車上よりもさらに上の位置で玉の逃げ場が少ないもの(赤〇のような状態)
3か所よりも1か所だけのほうが当然玉が逃げにくい。

このような釘配置の台は玉がどんどん中央にきますので、調整ミスがあるとめちゃくちゃ回ります。

ボーダーラインが千円スタート16なのに、20以上回ってしまう。

というような台はこのような釘配置の場合起こりやすいです。

打つ前には、まずは他の人が打っているところを後ろから観察して見るのもいいですね。

それで実際にどうなのかはだいたいわかると思いますから。


ーーーーーーーーーーー

誰が調整しているのか、回りやすい釘配置の台は。

このあたりを見分けて有利な立ち回りにつなげましょう。

ちなみにスロットのミス調整ですが、これはほぼないです。

設定を打つときのミスか、ATなどを消去し忘れたときくらいです。

ですが、1つだけわずかな可能性についてこのブログの読者さんにはお伝えしておきます。

それは山佐というメーカーの台になります。

山佐の新台は初期出荷の状態では全て設定6になっています。
(他のメーカーは初期状態で設定1になっています。)

これをそのままにして新台入替初日を迎えてしまうことがたまにあります。

可能性はとても薄いのですが、調整ミスという点では起こりえます。

通常ゲーム中の子役確率に設定差が大きい場合などは数千円打てば違いがわかるものもあるかもしれませんね。

次回は攻略1をうまく進めるために「店が欲しい情報」について書きます。
これを会話に入れることで、お店の人間から重宝されることになります。
つまり、逆に情報を得やすくなるということです。
そうすれば有利に立ち回れるようになりやすくなります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事を書くモチベーションが上がりますので、
今日の話が少しでも役に立ったと思われた方は下のバナーをクリックして応援のほうよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


posted by パグ店長 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。