2017年07月20日

各台計数機と利益が関係あるの?という話

今日は各台計数機と利益の話になります。

最近、導入が進んでますよね?各台計数機。

新規オープンでは初めから全台ということもありますし、リニューアルとともに各台計数機導入なんてお店も多いです。

で、なぜお店は各台計数機を入れるのか?というと


1番大きな理由は

人件費の削減

になります。

玉運びと玉の上げ下げはスタッフの仕事のなかでもかなりの割合を占めますからね。


導入しているお店は1円パチンコなど、お客さんが多いところから導入していることが多いと思います。

これはかかる人件費と1円パチンコから得られる利益のバランスから考えれば当然だと言えます。



長い目で見たら各台計数機によるコストダウンの効果は大きくなるでしょう。

ーーーーーーーーーーー


ところで、各台計数機と利益率が関係しているとはなんぞや?

ということなのですが、

これは「出玉感」

のお話になります。

出玉感というのは「出ているように見えるかどうか」ということで、

出ているように見えれば「出玉感がある」と言われます。


各台計数機の場合、実際の玉を積まないので出玉感がない

状態と言えます。

つまり、実際には出ていたとしても「出ていないと思われる」状態ということです。



出していてもわからない、伝わらないんであれば「出してもしょうがないじゃん」となるのはごく自然の流れ。

計数機の種類によっては箱をイメージしたランプがつくようなお店もありますよ、確かに。

でも箱とは違いますからね。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

この出玉感というのはお店にとってとても大事なので、

各お店は

・箱の中のクッションを厚くしてみたり

・空箱を下にひいてみたり

・フダを出玉に刺してみたり

・箱の並べ方をななめにしてみたり

・箱を下してもいいですかと聞いてきたり

と工夫しているわけです。


そんなことして意味あるの??と思われる方もいるかもしれません。


めちゃくちゃ意味あるんです。


それだけで、実際に新たなお客さんが座ってくれたり、今打っている人が粘ってくれたりするんです。


ーーーーーーーーーーーー

各台計数機のお店は、ただでさえ出玉感が演出できませんので


それだけでハンデともなります。


なのでお客さんの入り自体は少なくなる傾向にあります。


ですが、そのぶん運営コストがかからなくなるので


どっちがいいともいえないですね。


ただ、お店が「この3日間は利益を取りたい!」と思った時に取りやすいのは各台計数機のお店になります。


出玉が出てても出てなくても見た目変わりませんからね。



ただ、このブログを読まれている皆さんは、安直に


じゃあ各台計数機の店は避けよう


とかしないで下さいね(笑)


攻略1~3を踏まえたら、全然打てるお店もたくさんありますから。


むしろお客さんが少ない分、台を選べてラッキーという場合もありますし。



私自身、攻略のカテゴリに書かれていることは普通にやります。

無駄に時間を使いたくないですし、

やるからには仕事だとしても勝ちたいからです。

そしてパチンコ嫌いな私は、打つなら少しでも効率よく打とうと研究してきました。

次回は、甘い機種(勝てる可能性の高い機種)の見分け方について書きたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
今日の話が少しでも役に立ったと思われた方は下のバナーをクリックして応援のほうよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング




posted by パグ店長 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。