2017年07月15日

ホールコン攻略について

今日は、ホールコン攻略について書いていきます。

ある程度パチンコをしている方であればこのようなことはきいたことがあるかもしれません。

ホールコン攻略といわれているのは、お店の中の「ホールコン」と呼ばれる機械が各島や各台を制御していて、その制御を見破ることで玉を出そうという攻略方法のことになります。

で、結論から言いますと

ホールコン攻略なんてウソですよ

となります。



ホールコンというのは「台のデータをリアルタイムに見ることができる端末」になります。

なので、各台、各サンド(カードやお金を入れる機械)、各計数機、カウンター、金庫などとつながっています。

ただこれは一方的に送られてくるデータをまとめて集計しているものであって、ホールコン側から何かの操作をする(いわゆる遠隔操作)ことはできません。また、勝手に島ごとの出玉を制御するということもありません。

いまだにこういうことを言ってこられるお客さんもいらっしゃいますが、なんだか悲しくなりますね。そんなことを本気で信じている方を相手にすると。

そうとはいえ、過去には実際に遠隔操作で逮捕されているようなケースもあることは事実です。

なので100%ありえませんとは言えません。

昨日の期待値の話ではありませんが、99%ない話に対して真剣に攻略法とか言っているのっておかしいとおもいませんか?使う所がないんですよ?

このブログを読まれている方は絶対にひっかからないようにして下さいね。

ーーーーーーーーーーーーー

遠隔についてですが、なぜどこもやっていないと言えるのかを説明します。

理由は3つ。

★1つはリスクが高すぎます

このような不正なものを取り付けていた場合、チェーン店の場合は下手をすると全店が営業停止になる可能性があります。

それだけのリスクをおかして遠隔操作をする必要性はなんでしょうか?

・適度に出玉を見せるためのなのか
・利益をコントロールするためなのか

いずれにしてもまともに営業しているホールが長期間の営業停止になるリスク以上のメリットはありません。
そして利益のコントロールにそんな必要はありません。


★2つめはコストがかかることです

そのような機械を導入するのだってそれなりの金額がかかるはずで、そんなことをしてまでのメリットがあるかどうか・・・


★3つめは台は確認されているからです

基本的に新台入替をするときには所轄の警察官がきて、台を確認します。
そこで問題がなければ初めて開店できるというわけです。
なのでこの時点ではおかしなものがついてることはありえません。

また、地域にもよりますがこの時に全然関係ない台を確認することもあります。

そして、台の確認をしにくるのは警察だけではありません。

遊技産業健全化推進機構というところがアポなしで検査にきます。

台も時間もランダムです。

なので店側がわざわざつけるということはかなり考えにくいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

では遠隔操作をしているところがあるとして、なぜやっているのか?ということなんですが、これは正直つぶれてもいいや。ということでやっているのだと思います。

上に書いたようにメリットはありませんし、そもそもそんなことをする必要性もないです。

1店舗のみの経営でよほど行き詰っているとか、急にお金が必要だとか、店がどうなったとしても変えられないほどの何かがあるとしか思えませんね。相当な異常事態だと思います。

遠隔操作は考えづらいですが、1台1台で見ると不正基盤をつけているということは考えられます。

次回はこのことについて書いてみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事を書くモチベーションが上がりますので、
今日の話が少しでも役に立ったと思われた方は下のバナーをクリックして応援のほうよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


posted by パグ店長 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界のうわさ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。