2017年08月20日

パチンコ店の中のだれと話すのか

こんにちは、パグ店長です。

今日はパチンコ店のなかの誰と話すのかについてです。

私は以前から「役職や店長と話してください。一般スタッフは話したい人だけ話せばいいです」と言っているのですが、このへんをもう少し詳しく書きたいと思います。

ーーーーーーーーー

まず、店長と役職者の違いとして大きいのは決定権の差です。

お店によっても違いはあるとは思いますが、基本的には調整を決めるのは店長ということが多いです。

なので、店長との関係構築できるならしておいたほうがいいですね。

ただ、あまりホールに顔を見せないということもあるでしょう。

そして、初めのうちは誰が店長なのかもわからなかったりするものです。

なので役職者との関係構築をしておくのもいいんですね。

ーーーーーーー

そして、役職者との関係構築をしていると、その話が店長に伝わって調整に影響を及ぼすことも十分にあります。

店長自身がホールに出て、色々なお客様と話をしたり、店の状況を把握したりすることもありますが、役職者のほうがホールに出ている時間が多いですし、お客様やスタッフの話が集まりやすいです。

なので、店長は役職者にそういう話を聞いていますし、何かの仕掛けをするにしても役職の意見を聞くということはあると考えられます。

そんな時に普段からあなたが役職と関係構築ができていて、色んな話を振っていればその意見が通ったりすることもあります。

店長に直接というよりも、第三者を通すから伝わるということもありますしね。

ーーーーーーーーーー

ただ、業界のこと、機械の事など多くのことで店長と役職では情報量と早さと質が違います。

特にある程度の大手企業になってくれば、様々なところから情報が入ってきます。

こういう話ができるのはやはり店長ですし、話せるようにしておきたいところですね。

こういう情報を早く得たい人はツイッターを活用してください。

パチンコ関連のニュースで業界の流れに影響のありそうなニュースがあったら、それを最も早くツイートしている人をフォローしたりしておきます。

そうやって10人程度フォローしておくと、相当情報が早い通になれるかもしれません。

たとえばこのニュース

ピーワールドの業界ニュースですが、「全日遊連、12月30%以下の目標厳守を強調」というタイトルです。

これはこの先の業界の流れに影響を与えるニュースですよね。

普通のユーザーならふーん。くらいで終わるかもしれませんが、店長達はそんな風には見ません。業界の流れに影響があるわけですからかなり敏感に見ています。

このニュースは19日の理事会を24日に報じています。5日後ということです。

ですが、これをその日のうちにツイートしている人がいるはずです。

そういう人を見つけてフォローするわけです。

で、そのような話を店長とすれば、店長達にとっては興味深い話なので食いつきやすいです。

うまく使って関係構築が進んでくれればいいなぁと思います。

次回は話すときに抑えてほしいポイントについてです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事を書くモチベーションが上がりますので、
今日の話が少しでも役に立ったと思われた方は下のバナーをクリックして応援のほうよろしくお願いします。

にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村


パチンコ・パチスロランキング


posted by パグ店長 at 07:00| Comment(0) | 攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。