2017年07月28日

パチンコは店の人間との関係構築が大事だよという話

今回は「パチンコは店の人間との関係構築が大事だよ」という話になります。

「はじめに」というカテゴリーで書いておきます。

なぜ私がこのことをしつこくいうのか、大事だというのかについて改めて書いておきます。

ーーーーーーーーーーー

世の中の情報、雑誌や色んなサイトなどのほとんどは機種の特性のことや、演出のこと、立ち回りなどについて書かれています。

どのくらいがボーダーラインなのか、どこから打てばハイエナで勝てるのか、どういう時がやめ時なのか、子役の設定差は、見分け方はなどなど。

このことはとても大事な情報ですし、ここを追及することで勝てるようにもなっていくと思います。


しかし、そもそも調整を決めているのは誰ですか?

店長や役職者などその店の主要な人たちのはずです。

この人たちのことを知り、考えや癖を知り、人間関係を構築することがもっとも結果に影響を与えるはずです。

だって、決めている人たちなんですよ?


ーーーーーーーーーーー

台のことに詳しくて、自分でいろいろと考えて、結果的に設定1を打つより、台のことはあまり知らないけど設定6を打つほうが勝つ可能性は高いはずです。

もちろん台のことに詳しくて設定6が打てればより結果がいいのは当たり前です。

ーーーーーーーーーーー

なぜ台の研究をする前に、台の調整を決めている人たちのことを研究しないのか。

私はこっちのほうがはるかに優先順位が高いと思います。


で、ここでネックになるのは「やり方はこうだよ!」と決められないことです。

私はこのブログで読者の方が少しでも勝ち組になったり、すでに勝ち組な方はもっと圧倒的な勝ち組になるようにしたいと思っています。

なので関係構築に役立ちそうな話もたくさん出していきますが、相手は人です。

こうやればこう。

というようにはいかないんですね。

いろんな人がいますから。

とはいえ、関係構築が結果に与える影響はとても大きいのでやらない手はないです。

ーーーーーーーーーー

どんなことでもそうだと思いますが、徐々に進めてみて下さい。

いきなり完璧にできるということはないです。

そして、今までしていない方にははじめはハードルが高いはずです。

でも学校でも会社でもそうですよね。

少しずつ話せる人が増えてくるじゃないですか。

うまく回り始めれば労力はとても少なくて済みます。

そこまでできるかどうかだけです。

ーーーーーーーー

このブログを読まれている方はラッキーだと私は思います。

なぜかというと、このことを知っている人はあまりいませんし、

知っていてもやっている人はほとんどいません。

常連の人が「今日もきたよー」「今日も頼むよー」みたいな話はよくありますが、戦略的に話をして各店を回る人というのはほぼゼロです。

私がこれまで何万人かのお客様と関わってきて、そのようなことをしている人はわずか2人しかいませんでした。

しかもその2人も戦略的にしているのではなく、自然とそうしている人でした。

ちなみにこの2人はパチンコだけで数千万の貯金をしてキャッシュで家を買いました。

私はそれを聞いても驚きませんでしたし、むしろそうならないほうがおかしいです。

ーーーーーーーー

少し話はそれますが、このような関係構築がうまくいって、上手に回れるようになると必ずプロやセミプロたちと被るようになってきます。

彼らは独自のネットワークでお互いに情報交換していて、アツい情報への反応は早いのでよく顔を合わせることになるでしょう。

なのでそのうちそういう人達とも自然と交流していくことになると思います。

あまり深く関わる必要もないですけどね。

そうなると自分の情報網がさらに広がってより負けにくくなります。

もう一般のユーザーとは雲泥の差になります。

ーーーーーーーーーーー

いつもおすすめの日、おすすめの機種の時しか来なければ出禁とかにならないのか?

という話もありますが、

情報をこちらからも店に与えている限りなりません。

どこからか情報を得て、その時しかこなかったり、

止め打ちなどしてみたりするとプロとみなされて出禁になることはあると思います。

そういう人は基本的に店を敵とみなしているんですよね。

店は仲間、協力してあげようという気で関係構築していればそんなことにはなりません。

ーーーーーーーー

店長や役職と話をするのはいいのですが、一般スタッフについては触れていません。

しかし、男性の方ですと女性スタッフと話をしたいという人もいるかと思います。

次回はその辺について書きたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事を書くモチベーションが上がりますので、
今日の話が少しでも役に立ったと思われた方は下のバナーをクリックして応援のほうよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


posted by パグ店長 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

パチンコ店と警察の関係とは。何かやってるのか?裏で繋がってる?みたいな話

今日はパチンコ店と警察の関係について書いていきます。

よくパチンコ店は警察とグルだ。とか

裏でつながってるんでしょ?とか

言われます。

みなさんもそう思われていますか?

ーーーーーーーーーー

まず警察とパチンコ店がどこで接点があるのかということですが、

管轄の警察署の生活安全課というところにはよく行きます。

生活安全課というのはパチンコ店を管轄している課で、許可担当の人がいます。

パチンコ店は許可営業です。

そもそも営業許可もそうですし、新台入替で台を撤去や導入するとき、部品交換するとき、さまざまな設備変更するとき、店舗管理者が変わるときなどしょっちゅう警察署に許可の書類を提出に行きます。

勝手に新台入替はできませんし、部品の交換もできません。

また、担当官はお店に検査にもきます。

なので所轄の担当官とは顔を合わせる機会がとても多いです。

ーーーーーーーーーー

ではつながっているのかと言われれば、普通はそんなことはありません。

警察の組織というのは定期的な配置転換もあります。

同じ警察署で同じ仕事をずっとやるということはありませんので、変な関係になりにくい仕組みになっています。

なので店がおかしなことをしていて警察に通報した場合、そういう関係で免れるということはないです。

ーーーーーーーーーー

とはいえ、ユーザーからするとそう思えるようなことがあるのも事実。

これは2つの理由があると思います。

1つはユーザー側の主張内容。

もう1つは担当官によるもの。

ーーーーーーーー

ユーザーの主張内容というのは、

たとえば○○というお店の315番台で10万やられた。

あんなのは絶対におかしい、なにかやっている!

というようなものになります。


本当に何かやっているかもしれませんが、警察は基本的に本気で聞かないと思います。

そういう苦情は多いですし、実際に調べても何もないんです。

なので人によっては軽く聞いてしまう担当官もいるかもしれません。

そうすると訴えている人からみれば、なんかあるだろ!と思ってしまうんですね。

ーーーーーーーーーー

ホントにその店がなんかあるのかもしれません。

可能性はゼロではありません。

でも、何かやるなら出ないように操作することはないと思いますよ。

だって出ないようにしたらそうやって吠える人がわんさか出てきますよね。

わざわざ大騒ぎにする必要性ないですよね?ということです。

ーーーーーーーーーー

もう1つは担当官によるものです。

担当官によってはその厳しさが全く違います。

これはその人自身のこともありますし、県や生活安全課の上司の風土、方針というのもあります。

ユーザーが必死に訴えてもなかなか聞いてくれない場合はその内容なのか、その担当官によるものなのか。

どちらにせよ、確たる証拠や相当の数の苦情がくるなどがなければ動くことはないと思いますね。

ーーーーーーーーーー

関係性としてはこれまで書いた通りクリーンなのが普通です。

で、ユーザーの方が注意したいのはあまり正義感を出さないということです。

ここ最近ではイベントに対して規制がかかっていますよね。

昔から規制はあったんですけど・・・

で、そんな中でも勧められて打ったとして、負けたとします。

それで腹いせに警察に通報する人などがいます。

これは本当によくないというか。いや、そもそもウソついてたかどうかもホントのところわかりませんしね。

そんなことを繰り返していると、結局打てる店が無くなってしまいます。

ウソをついていると思えばいかなければいいだけです。



こういうことを判断するためにも店の人間と話せるようになるのは大事なことです。

私はいつもこの事ばかりしつこく言っていますが、一番労力も少なく勝てるからなんですよね。

パチンコ嫌いで、少しでも短時間で出して帰ろうと考えている私にとっては必須です。

次回は改めてこのことについて書きたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事を書くモチベーションが上がりますので、
今日の話が少しでも役に立ったと思われた方は下のバナーをクリックして応援のほうよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
posted by パグ店長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

パチンコ台を導入する位置ってどうやって決まるのか

今回は台の島配置についてのお話です。

新台を入れる時にその場所の決め方や、場所によって出玉が変わるのかとかいう話です。

ーーーーーーーー

まず知っておいてほしいのは、お店の中には

・座ってもらいやすい場所

・出玉がアピールできる場所

が存在するということです。

これはお客さんの導線や種別の配置などによって決まります。


まずは種別がわかりやすく。これはどこのお店も意識はしています。

1円と4円の島がゴチャゴチャだと困りますよね。

種別の位置があるうえで、今度はタイプや機種によって場所を決めます。

4円でもミドルと甘デジは分けますし、

20円スロットならAタイプとATは分けたりします。

またその中でも北斗だけ、海だけというふうに分けています。

これはお客さんもわかりやすくなりますし、お店としても管理がしやすくなります。

ーーーーーーーーーー

で、新台の配置をどう決めるかということですが

新台でもメインとなる台と、そうでもない台に分かれます。

メインとなる台は台数的にも多くなりますし、お客さんにアピールできる位置に導入されます。

そうでもない台は島の真ん中あたりの撤去されたところにそのまま入ったりします。

お客さんの導線を見るとわかりやすいのですが、カウンターとかトイレとか交換所とかに近い通路は人がよく歩いていますので、その通路沿いなどは力を入れる機種を置きやすいです。

力を入れる機種はなるべく座ってもらいたいと考えているので出玉のアピールができる位置、ふらりと入りやすい位置のほうが座ってもらえますのでそうします。

メインでない台は島の中央寄りなどに置かれたりしますが、こういう台は初めからアピールしようとしていないということなので、あまり力を入れていないのかもしれません。

甘デジコーナーなどでバラバラに配置されている場合などは、あえてバラすことで人がいるように見せているということも考えられます。

固まって5人座っているより散らばっていたほうがそのあと座りやすくなったりするからです。

また前回の話のように、お付き合いで、しかも最低台数があるような場合は、島の配置がおかしくなるということはあると思います。

2台づつの島なのに3台になってしまった。というような場合です。

私の場合は2台をそのまま入れて、1台は1円にでも回してしまいますけど。。

ーーーーーーーーー

位置と出玉の関係ですが、やはり目立つ位置にあるものほど力が入っている可能性が高く、有利な調整になっていることが多くなります。

やはり目に入りやすい場所で箱を積むと目を引きますからね。

ーーーーーーーーー

台の移動に関してですが、メイン級の台はそれ以上のものが新台で来ない限り移動はさせません。

そして移動したあとの位置で違う島の目立つ位置ならまだまだ長く運用していこうと考えている可能性が高いですね。

台数を減らしつつ目立たない島に移動したりしたらちょっと打てない状態かもしれません。

お店としてもこういう台は、集客のできる日に座ってもらえればいいというふうに割り切っていることが多いので、好きな台だからといって追いかける必要もないのかなと。

店の人間との関係ができていればたまに開けてもらえることもありますから、そういう時に打てれば十分です。

ーーーーーーーーーー

そういえば最近、

「この店はなんかやってるでしょ」というおばさまがいまして、「何もしていないですし、もし本当に怪しいのであれば警察に相談してみてもいいと思いますよ。」というような話に対しても「警察もグルだ」みたいなことがありました。

こういう話はよくあるのですが、みなさんはどう考えていますか?

次回は警察とお店の関係についてこんな感じなんですよ。というのを書いていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事を書くモチベーションが上がりますので、
今日の話が少しでも役に立ったと思われた方は下のバナーをクリックして応援のほうよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
posted by パグ店長 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。